<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 勤務中にやけどをし顔に跡が残った京都府の男性(35)が、労災の後遺症認定を受けた際に男性であることを理由に女性より低い認定を受けたことについて、労働者災害補償保険法施行規則が障害等級に男女差を設けているのは憲法違反だとして、男性が国を訴えた訴訟の判決が27日、京都地裁であった。滝華聡之裁判長は「男性に対する認定は合理的理由がなく、性別による差別的取り扱いをするものだ」として認定無効を言い渡した。
 原告側弁護士によると、労災で障害等級表の男女差別を裁判で争うのは初めて。判決後、原告側弁護士は「等級表の男女差別を違憲と判断した画期的な判決だ」と話した。
 判決で滝華裁判長は「社会通念上、日常的に露出する部分のあざや欠損によって受ける影響が、男女間で異なると言えなくはないため、同法施行規則の障害等級表の男女差は根拠がないとは言えない」とし、障害等級に男女差があることは是認した。その一方で、「本件のような大きな男女差は著しく不合理」と指摘。「性別による差別を禁止する憲法14条1項に違反する」と判断した。 

【関連ニュース】
年金保険料などを免除・猶予=口蹄疫対策で
派遣の労災、昨年は半減=請負切り替えで
派遣社員遺族の請求棄却=自殺、うつ病認定されず
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」
時事通信記者の過労死認めず=糖尿病合併症「業務に起因せず」

「ここは公邸」と張り紙=カジノ店摘発直前に元外交官―特権利用し捜査妨害か(時事通信)
<傷害>米兵の子供起訴 道路のロープで女性重傷 東京地検(毎日新聞)
小沢氏、再び不起訴 検察と検審、分かれた証拠評価(産経新聞)
裁判員制度施行から1年 死刑、無罪はゼロ(産経新聞)
<普天間移設>米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく(毎日新聞)
[PR]
by 0l0sldkwja | 2010-05-28 21:14
 民主党のマニフェスト企画委員会(委員長=仙谷国家戦略相、高嶋良充党筆頭副幹事長)は16日、夏の参院選公約について、菅財務相ら関係閣僚と意見交換を行った。

 焦点となっている消費税率引き上げの表現については、次期衆院選後と明記する方向で、調整を続けることで一致した。5月末に公約を決定する方針だ。

 高嶋氏は会合の冒頭で、「国債発行の抑制と同時に、既存の事業を含めて総予算を組み替えることが重要だ」と述べ、政府側に公約実現のための財源捻出(ねんしゅつ)を求めた。これに対し、菅財務相は「財政危機にあるギリシャの状況を見ても、財政問題は深刻に考えないといけない」と財政規律の重要性を強調した。小沢環境相は環境税の導入明記を求めた。

【from Editor】反骨の活力を伝えたい(産経新聞)
官房長官の住民面会に抗議、徳之島住民が集会(読売新聞)
首相動静(5月18日)(時事通信)
大阪・高槻の遺棄女性 新生活3カ月で暗転 知人ら「住み続けていたら」(産経新聞)
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁(産経新聞)
[PR]
by 0l0sldkwja | 2010-05-20 13:05
 たちあがれ日本は9日、夏の参院選の比例代表候補として、元プロ野球巨人内野手の中畑清氏(56)を擁立する方向で調整に入った。与謝野馨共同代表が都内で記者団に明らかにした。既に出馬を打診、中畑氏も「長嶋茂雄元監督と相談したい」と前向きな意向を示しているという。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

[静か過ぎる対策]笹川盲人会連合会長「企業として努力されたのだと思う」(レスポンス)
ラフード米運輸長官がリニア試乗=時速502キロ、「とても速かった」(時事通信)
徳之島、滑走路にも難点…幅不足を米指摘(読売新聞)
偽装献金、首相元秘書の有罪判決が確定(読売新聞)
<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
[PR]
by 0l0sldkwja | 2010-05-13 01:57
スペルボーン(Spellborn)